通信教育会社の評価は教材で決まる!

受験生の目線に立って開発された教材!

最短で合格するために何をどう学べば良いか、
考え尽くされている学習教材。

通信教育会社の教材が、わかりやすく編集されているのは、ある意味あたりまえだと思います。情報がわかりやすく整理されているだけなら、私が使った市販の参考書の中にもそれなりに良いものがありました。重要なのは掲載されている内容が、次の試験に出題されるような本当に必要な最新情報かどうかということ。さらに、充分な学習内容が完全に網羅されているかどうかだと思います。

また、行政書士の資格試験で出題される範囲は大変広いので、仮に教材の中身が、最低限の必要情報に効率良く絞り込まれていたとしても、それはそれなりのボリュームになります。それを端から端まで、ただ暗記していくような学習は、若者ならいざ知らず、中年の記憶力では不可能でしょう。そこで、効果的・効率的な学習方法の検討が必要になってきます。

フォーサイトの教材の優れているところは、まず試験出題実績をベースに、掲載情報のプライオリティーが明確になっていること。また、難解な法律用語には解説がつくなど、簡潔な文章やシンプルなレイアウトと合わせて、とても読みやすく編集されていました。

また、民法・行政法・商法など、いわゆる教科書的な教材の他に、受講ガイド・戦略立案テキスト(行政書士試験に合格するための)・入門講座など、学習方法についての具体的なアドバイスが紹介された冊子が、とても充実しています。講義を収録したDVDやCDのメディアもセットされているので、携帯端末に落とせば、満員の通勤電車の中でも、まさに何時でも何処でも勉強できます。

フォーサイトでは、インターネットや携帯サイト上の学習システムもワンパッケージされていて、私の場合、総額7万円程度でしたので、とてもお得感がありました。初回に受験した時にはフォーサイトの存在を知らなかったので、私としては少し悔しい思いもあるのですが、これから働きながら行政書士試験を目指そうとしている皆さん、特に中年の方にお奨めしたい通信教育会社です。ぜひ一度、フォーサイトのWEBサイトにアクセスしてみてください。

皆さんの合格をお祈りしております!


LINK:
→働きながら行政書士の資格を目指すなら、通信講座のフォーサイト

法律初心者が行政書士試験に独学で挑戦するなら、この教材がお奨めです