独学で合格できる教材とは?

最新情報の反映と学習方法指南

出題傾向や学習計画について、
最新事情に精通したプロのサポートが嬉しい。

市販の資格取得のための参考書籍は、幅広いレベルの読者に向けて書かれており、なおかつ多くの競合本との差別化を図ろうとしているので、読みやすい文章とレイアウト、カラフルなチャートなど、売るための工夫がしてあります。著者の方も、現役行政書士の方が多く、実践的に知識の身に付く良書もあるでしょう。しかし冷静に考えてみれば、多くの人間が市販の資格取得本だけで学習し、試験に合格できるようなら、これだけ多くの専門学校や通信教育会社が存在するはずはありません。

専門学校が書店販売用に出版している教材も、それだけで合格できる内容であれば学校経営に影響するので、それだけで完結できる情報が懇切丁寧に網羅されているはずはないと思います。したがって、普通の人が完全な独学だけで行政書士試験に合格するのは無理があるということです。私の場合、初回の受験時は、まず市販参考書籍の最初から最後までに一律の比重をおき、少しずつ読んで理解していこうと思ったのですが、試験に満点で合格する人はほとんどいないと思いますし、その必要は無いのです。必要なのは、必要不可欠な情報を峻別すること。そして、その情報を効果的・効率的に身に付けていくことです。

つまり、大切なのは試験合格のための戦略です。その点、優れた通信教育会社の教材は、受講生が一人で自主理解できるようなわかりやすさを持ちながら、プライオリティーの高い情報がはっきりと示され、その上でどのような順番で、どのような学習方法でそれらを学んでいけば良いのかが、はっきりと示されています。私が受講したフォーサイトの通信教材がまさにそうでした。

覚えなければいけない最小範囲の情報がはっきりとわかり、身に付ける順番が明示されてさえいれば、後は通勤の途中でも、在宅中のくつろいでいるような時間でも、思いついた時にいつでも気軽に取り出して学習していくのみです。フォーサイトの教材は、最新の法律事情・受験情報なども加味されていたので安心でき、勉強に集中することができました。

⇒次へ進む
法律初心者が行政書士試験に独学で挑戦するなら、この教材がお奨めです